庄原風の色紀行

tt625t.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:山野草( 39 )


2019年 08月 18日

初秋の渓谷で

2019・08・18
帝釈峡

3か月に一度、原点回帰の山野草めぐり。
渓谷に吹く風もいくらか涼しく感じられ・・・?
なんてこともなくまだまだ蒸し暑さの残る昼下がり。

レンタサイクルで回ってクルマに戻ってきたときは汗びっしょり。
山野草だけは秋を感じさせてくれました。



マネキグサ
c0248507_21033833.jpg





キツネノカミソリ
c0248507_21041107.jpg




シデシャジン
c0248507_21035561.jpg








ハグロソウ(白の珍種)
c0248507_21044055.jpg














by tt625t | 2019-08-18 21:11 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 01日

雨も味方にクリンソウ

2019・05・31
兵庫県ちくさ高原

山野草の群生地には雨や薄曇りがベスト。
この日は昼過ぎまで雨の予報なので群生地に入るまで少しクルマの中で小休止することに。
ここは何か所かのポイントを回遊するコースのようです。

好天続きの後のこの雨でしっとり濡れた花も少し元気が出てきた様子です。
周りの林も濃いめのピンクの花を引き立てるために暗く沈んだトーンになって最高の条件。
あとはカメラの腕次第か・・・・
c0248507_21372303.jpg







c0248507_21375959.jpg










c0248507_21373677.jpg








c0248507_21370313.jpg





by tt625t | 2019-06-01 21:39 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 12日

分け入って分け入って白い花

2019・05・12
サンカヨウ

雨にぬれるとこの花は真っ白な花弁から
スケスケの半透明に変化します。

昨年それに近いものを撮れたもののやや物足りなかったので今年は・・・?

やはりこの時期は毎年のように好天が続きます。
よって本来の白い花のままで撮影です。
それでもその清楚な可憐さは変わりません。
c0248507_21120453.jpg








c0248507_21122066.jpg







c0248507_21123324.jpg






by tt625t | 2019-05-12 21:14 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 01日

令和の初日は原点回帰

2019・05・01
東城町帝釈峡

新元号を迎えたこの日は帝釈峡で。
初夏の花が咲きそろうこの場所で私の写真の原点「山野草」に会ってきました。
ひみつのあの場所で6年ぶりのヤマシャクヤクにも再会です。
いつものあの場所で会える「恋人」の変わらぬ姿にTHANKS!

ヤマシャクヤク
c0248507_21331033.jpg





ヤマブキソウ
c0248507_21332620.jpg






ラショウモンカズラ
c0248507_21335374.jpg








オドリコソウ
c0248507_21333865.jpg









山吹
c0248507_21340710.jpg






コンロンソウ
c0248507_21534502.jpg







by tt625t | 2019-05-01 21:55 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 16日

桜の陰でひっそりと

2019・04・13
カタクリ

桜狂騒曲に隠れてうつむき加減にひっそりと。
いつもの場所で何ら主張もせず・・・・
私の写真の原点です。

c0248507_10374411.jpg









c0248507_10375603.jpg




by tt625t | 2019-04-16 10:41 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 21日

ひっそり「スハマソウ」

2019・03・19
帝釈峡

泥だらけになることを予想してフル装備(長靴&上下雨具)で崖上り。
目の前には今まで見たことがないぐらいのスハマソウの群生。
これこそ至福の刻。
誰もいないひっそりした渓谷で山野草と対峙する時間は自分を見つめる貴重な時間。
春近し。

c0248507_19273642.jpg






c0248507_19275275.jpg




by tt625t | 2019-03-21 20:27 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 20日

セツブンソウ2019

2019・02・20
庄原市総領町

すっかり地元の被写体を忘れ、県外を飛び回っている身を少し自省しているこの頃です。
自分の写真の原点がここセツブンソウの自生地です。
「聖地巡礼」の心持ちで行ってきました。

今年は少し小ぶりだとか、がくが綺麗でないとかいろいろ思いはありますが、感謝のつもりで向かい合ってきました。
撮影後の副産物の首や腰の痛みは例年と同じです。





c0248507_20522824.jpg





c0248507_20521318.jpg









c0248507_20523966.jpg







by tt625t | 2019-02-20 21:04 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 19日

秋本番

2018・09・18

「赤」「青」「黄」
秋の揃い踏み。

c0248507_08361116.jpg






c0248507_20492487.jpg





c0248507_20491580.jpg






c0248507_20490304.jpg






by tt625t | 2018-09-19 08:38 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 04日

カリガネソウ

2018・09・03
庄原市西城町

自生地から少し離れた場所にクルマを止めドアを開けるともう匂ってきます。
決して気持ちのいい匂いではありませんが。
私的には秋の到来を最初に感じさせる山野草です。
c0248507_09160274.jpg


by tt625t | 2018-09-04 09:16 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 01日

シロバナベニバナヤマシャクヤク・・・?

2018・07・01
シャクヤクの中には6月中旬に咲くベニバナヤマシャクヤクという薄いピンクの花があります。
これ自体、絶滅寸前種ですがさらに珍種として「シロバナベニバナヤマシャクヤク」があります。
ずいぶん長い名前ですが、普通のヤマシャクヤクの白とは違うので念のため。
それに出会いたいために自生地に5回以上通った思い出の写真。

花が好きで好きでこの花の前で2時間近く座り込んで開花を待ったこともあります。
もうできないなあ・・・







c0248507_21201394.jpg






c0248507_21202953.jpg







c0248507_21410444.jpg







by tt625t | 2018-07-01 21:41 | 山野草 | Trackback | Comments(0)