庄原風の色紀行

tt625t.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:京都( 31 )


2019年 06月 15日

京のみどり④

2019・06・10
仁和寺青もみじライトアップ

写真投稿サイトの「東京写真部」プロデュースによるライトアップです。
わずか10人前後のカメラマンのために8人ほどの案内スタッフが張り付くというぜいたくなプレミアムな撮影。
入場料もプレミアムでしたが・・・

モデルのお坊さんの登場直前に何やら小動物が通り過ぎました。
ハクビシンか・・?
思わぬ珍客にも変わりなくポーズをとっていただいてスイマセン。



c0248507_22425748.jpg










c0248507_22285288.jpg













c0248507_22291064.jpg









c0248507_22292741.jpg










by tt625t | 2019-06-15 22:44 | 京都 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 14日

京のみどり③

2019・06・10
蓮華寺(京都八瀬)

なんとも愛らしい名前のお寺。
瑠璃光院の少し京都寄りにあり、うっかり通り過ぎてしまう小さな古寺。
この「うっかり通り過ぎる」という存在のお寺が京都には数えきれないほどあります。
最近そんな小さなお寺に出会うのが好みになってきました。

さてここも額縁フォトにピッタリ。
しかもお一人貸し切り状態。
沈思黙考、手を合わせながらの余裕の撮影です。
紅葉の時期にもおススメです。


c0248507_21203112.jpg










c0248507_21204612.jpg




by tt625t | 2019-06-14 21:22 | 京都 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 13日

京のみどり②

2019・06・10
京都瑠璃光院(八瀬)

写経机に映りこむ新緑だけを撮りにやってくる観光客。
私もその一人ですが、こだわりたい性分なので一番空いてそうな条件は?
雨の日の夕方近くの4時前後とみました。

しかし門の前は多くの人だかり、団体客こそいませんがこれは厳しい。
半分あきらめて書院の二階に上がるとなんと机の周りは比較的少なそう。
よく見ると写経するテーブルはみんな部屋の端に設置してありました。

さっそくカメラを机に置き、長い露出や広い画角を確保(14mm)して撮影。
何とか理想に近いものをゲット。
近くの人、30分粘ってスイマセン。

c0248507_19492057.jpg







c0248507_20515359.jpg











c0248507_20512328.jpg









c0248507_20513600.jpg












by tt625t | 2019-06-13 20:54 | 京都 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 12日

窓も天井もインスタ映え

2019・06・10
正寿院(京都府宇治田原)

京都伊右衛門のペットボトル茶を指さして某コンサルタントが言った言葉。
「このお茶は九州で作られたもの。宇治にはお茶畑はありません」

私はこの日、宇治のお茶畑を通り過ぎて山奥の目的のお寺に到着。
何だったんだあのウンチクは・・・
やはり自分の目で確かめましょう。
でもペット茶が必ずしも宇治産とは限りませんが・・・

で、目的のお寺の客殿はインスタ映えたっぷりのスポット。
「寝転がってご自由に・・」という受付の女性の案内にやりたい放題の一時間でした。

c0248507_21181934.jpg






c0248507_21184702.jpg








c0248507_21191162.jpg





c0248507_21183392.jpg





by tt625t | 2019-06-12 22:09 | 京都 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 11日

京のみどり①

2019・06・10
柳谷観音(長岡京市楊谷寺)

京都はGWを過ぎて7月の祇園祭までの間、比較的すいている時期。
それでも中心部は海外組や修学旅行客で混雑しています。
青もみじを求めて今回は京都周辺をまわってきました。

ここは手水鉢に浮かぶアジサイで有名。
参拝前に手を清める場所ですがこれでは洗えませんね。
脚立でもないと真上から撮ることができないのでミニ椅子でパチリ!
期待通りの?雨で花びらもしっとり。

閑散とした山あいの古寺についつい時間をオーバーして次のポイントへ。

c0248507_20181237.jpg






c0248507_20182964.jpg










c0248507_20184859.jpg









c0248507_20191161.jpg











by tt625t | 2019-06-11 20:43 | 京都 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 10日

水火天満宮・十輪寺(京都桜紀行)

2019・04・04
京都2日目の午後はさすがに少々疲れ気味。
その中で小さな発見が・・・
水火天満宮は見落とすぐらいの小さな神社。
紅枝垂れが空から降りそそぐ様は圧巻です。

足元を見ると水鉢の中に桜の花びらが揺られながら浮いています。
上からポタリポタリ水滴が波紋を作り出すその瞬間をとらえるため
ISO感度を上げ高速シャッターを切ります。
こんな遊び方をするのは本当に久しぶりです。





c0248507_21150378.jpg







c0248507_21154650.jpg






十輪寺
c0248507_21161658.jpg








by tt625t | 2019-04-10 21:21 | 京都 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 09日

煌びやかTouji

2019・04・03
東寺ライトアップ

京都旅行の最大のミッションはこの東寺ライトアップ。
開門直後にクルマで境内へすんなり入ってすぐ不二桜までストレスなしで到着。
一般客は九条通りまで列ができていました。

ここのポイントは不二桜の近くでなく少し手前の離れた所から望遠で撮るのが定番です。
ブルーアワーの時間帯にじっくり撮った後に大混雑の境内に進みます。





c0248507_20200147.jpg






c0248507_20202655.jpg






c0248507_20204248.jpg





by tt625t | 2019-04-09 20:29 | 京都 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 06日

京都府庁・平安女学院(京都桜紀行②)

2019・04・03

京都市内の中心地でありながら比較的観光客の少ないスポット。
官公庁なので駐車場使用には管理課に使用許可証を取る面倒がありますが無料です。

ここも今回で5回目のおなじみの場所。
やや樹勢が弱ってきているのが気になりますが・・・


c0248507_20582850.jpg






c0248507_20585736.jpg









c0248507_21012568.jpg








c0248507_21014031.jpg





歩いてすぐの平安女学院です


c0248507_21095759.jpg






by tt625t | 2019-04-06 21:11 | 京都 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 05日

高台寺(京都桜紀行①)

2019・04・03

4年ぶり4人のグループ旅行です。
まずは高台寺。
何度も来たこの場所ですが桜満開のタイミングは初めて。
朝一番の柔らかな光と青い空にピンク色の枝垂れ桜が映えます。

滑り出しはまずまず。
この後2日間かけて11か所の桜行脚です。



c0248507_20121926.jpg







c0248507_20124012.jpg





c0248507_20130341.jpg





by tt625t | 2019-04-05 20:15 | 京都 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 28日

雪化粧の金閣寺

2019・01・26

「京都人は雪が降れば金閣に向かう」と言われる冬の京都の代名詞。
関西遠征中にこのレアな景色を見られるとは思いませんでした。
27日の朝の天気予報、京都で5㎝の積雪!
行くしかない!

早朝6時半過ぎにホテルを出発して7時半には金閣寺の門の前に一番乗り。
同業のカメラマンたちと談笑しながら振り向くと驚きの行列ができていました。
後で聞くと500mも伸びたとか。
9時の開門と同時に定番ポイントで余裕の撮影。
満員電車のような大混雑の中をこれまた一番で脱出成功。
観光パンフレットのようなベタ写真ですが、雪の金閣寺は生涯で一度は見たかった最高の景色でした。


c0248507_21113474.jpg





c0248507_21143450.jpg




by tt625t | 2019-01-28 21:19 | 京都 | Trackback | Comments(0)