庄原風の色紀行

tt625t.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 09月 09日

きほく灯籠祭

2018・09・08
三重県紀伊長島町

漁港を見渡せる俯瞰の高台までは避難経路を通ります。
災害の続いたこの夏。 地域の皆さんが急ぎ足でここを登って行くことがないことを祈りつつ。
結局、撮影場所は正面の俯瞰をやめてレフポイントの奥の入り江の移動して遠景を狙うことに。

一時間の土砂降りと強風に耐えながら迎えた打ち上げ本番は星が見えるほどに。
しかしその奇跡にこたえることなく肝心の「彩色千輪」は予想以上の光量に負けて白トビ!!

来年リベンジを・・・
無理ですね。ここの花火は通年7月開催ですから。

c0248507_17250885.jpg


by tt625t | 2018-09-09 17:47 | 風景 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://tt625t.exblog.jp/tb/29733677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ちひろ at 2018-09-09 18:09 x
わーっ!
すごい!こんなカラフルな花火は初めて見ました!
彩色千輪というのですね(^o^)
来年もまた写真楽しみにしていますね♪


<< 三隅カーブで待ちわびて      蔦屋書店広島レクト >>