庄原風の色紀行

tt625t.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 07月 08日

源氏と姫

2014・07・08

ゲンジボタルとヒメボタル。
飛び方も光り方も違いますが、いずれも森の宝石箱といわれるように幻想的、神秘的な光のページェントを繰り広げてくれます。


口和ほたる見公園(ゲンジボタル)
c0248507_21191147.jpg






日南福万来の里(ヒメボタル)
c0248507_21215163.jpg


by tt625t | 2014-07-08 21:24 | 風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tt625t.exblog.jp/tb/22342143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 備中国分寺ひまわり      赤い鳥居と「バタ電」 >>